学校図書館を考える会・静岡(2017)

 

 静岡市では5年の雇用止めが改善されました。従来は雇用止めの後、1年間は応募ができませんでしたが今後は任用通算累積年数に関係なく継続して応募することが可能になりました。一方で学校司書配置の予算は2年続けて削減となり、勤務日数が減少しています。

 静岡県教委では2014年度から2016年度にかけて学校司書未配置地域に学校図書館アドバイザーを派遣した結果、独自予算で配置する市町が増加し今年度は未配置の町が1町となりました。昨年5月には自己評価のための「学校図書館チェックシート」が各校に配布されました。

 考える会の活動としては、県下先進地の実践報告会や静岡市の小中一貫教育についての市政出前講座を開催し、幅広い立場の方々の参加を得ることができました。

 静岡市は有資格の学校司書が約3割で支援センターや連絡会も設置されていないため、課題解決のための働きかけに関して役立つ情報を知りたいと思います。

【学校図書館法改正を受けてと思われる変化など】

 法改正後に静岡市教委に意義や変化について尋ねましたが明確な返事が得られず、施策としても予算減になりました。昨年度の市議会において同様の質問がありましたが、特に答弁がなく「学校司書は司書教諭の補助」であり「子どもが好きであることが第一」という」認識に変化はみられません。

 

学校図書館を考える会西尾・あいち

 

合併により、小中学校合わせて36校になりました。学校司書は1日7時間、週5日勤務で、13名配置されています。一人当たり2~3校兼務です。今までは、拠点校とサブ校という区別をし、原則、巡回はしないということで進めてきましたが、校長会の意向で、それが崩れつつあります。学校司書がいないと困る。不公平だと、必要性が理解していただけてきたと考えることもできますが、授業支援など、その学校の人にならないとできないこともあります。今後の運動の進め方を考えなくてはいけません。
·   司書教諭の資格を持った先生は、各学校にいますが、任命されていなかったり、違う校務分掌にあてられていたりして、図書の仕事ができないことが多いのが現状です。学校司書と、司書教諭、図書館担当者の連携がうまく取れない学校もあるようです。
  • ·     36校中10校には、パソコンが入っていません、

     今回の学校書館に関わる地方財政措置が、実際に学校図書館の充実や、司書配置のために使われるには、私たちは具体的にどんなことをすればいいのでしょうか。毎年提出している要望書の内容に入れることは、もちろん考えていますが、それだけでは弱いと思います。各地の成功事例などありましたら、教えていただきたいです。 

 ・地方交付税による新たな学校司書配置予算の獲得状況など

今年度はまだ、何の連絡も、いただいていません。獲得できていません。

 

学校図書館を考える市民の会(大阪・豊中市)(2015)

 

大阪府豊中市ー   2005年学校司書全校配置(一般職短時間雇用)

 2011年読書振興課新設、学校教育と公共図書館の連携により学校図書館を充実させる体制を整えブックプラネット事業を展開(公共図書館と学校図書館の蔵書の一体化、授業活用データベースなど)。環境が整ったとはいえ、司書教諭が当て職であり、職務が明確でないため学校図書館を活用した授業が一向に増えない。学校司書の法制化の機会に司書教諭の仕事の明確化と司書教諭としての時間確保を市行政に申し入れています。

 

<学校図書館法改正を受けてと思われる変化>

 この度の改正により、大阪ではこれまで学校図書館職員未配置の自治体が 不充分な条件で職員配置をしました。理不尽な行革が進められる昨今、その影響は「その程度で良し」と先進的に進めてきた自治体にも及ぶのではないかと心配しています。


学校図書館を育てる吹田市民の会(2017) 

 

 学校司書にあたる「読書活動支援者」はアルバイト待遇で、研修も不十分です。今後どのように活動していったらいいか、ヒントがほしいと思っています。

【学校図書館法改正を受けてと思われる変化など】

 小学校の読書活動支援者は2校兼務でしたが、少しずつ1校専任が増え、4月に36校中24校になりました。また、勤務時期が5月末からだったのが4月初めからになり、勤務時間も14時間が6時間になりました。公募の資格要件から「準じる人」が消え、「司書か司書教諭の免許を持つ人」に限定されました。

本があって人がいる学校図書館を願う会・香川(2017) 

 

 運動を始めて21年目,毎夏開催していた「学校図書館を考えるつどい」は昨年の20回を機に一応終了。第20回の「つどい」の報告とこれまでを振り返った『報告集」を作成。年3回行っている市教委学校教育課との懇談後に報告を兼ねてニュースを発行。他に,「学校図書館訪問」・「学校司書の仕事」などの連載記事も。

 高松市は71の小中学校に62名の「学校図書館指導員」が配置され,専任は54校。毎年増員があったが,ここ2年は,足踏み状態。今年度は,蔵書達成率が100%になったことを理由に資料費も大幅に減額されてしまった。再三要請しているにもかかわらず,「学校司書」と言わず,「学校図書館指導員」という名称にこだわり続けている。 

 

学校図書館を考える会・丸亀(2016)

 

丸亀市立小中学校の学校司書の配置は、平成26年度から、市立全20校で11校専任になっている(島嶼部3校は1人が兼務)。<専任の学校司書勤務時間>17.5時間 年間205日勤務(生徒の登校日は常勤)今年度から実施されている第3次『丸亀市子ども読書活動推進計画』の重点プロジェクトに「学校図書館の学習・情報センターとしての機能の充実」を掲げている。今後、各学校で先生と学校司書が協働し、学校図書館を活用した授業実践の豊かさを広めていく必要がある。

学校図書館法改正を受けてと思われる変化など>
県内で学校司書を配置する自治体が増えた。
県が今年度から学校司書派遣事業を開始
1
1校専任。16 時間 週5日  48町の12の学校で2年間実施。派遣終了後における市町の主体的な学校司書配置の促進を図るもの。

 

 

学校図書館を考える会・やまぐち(2017)

 

 20135月に発足し、以来23か月に一度、例会をもっている。

 山口県立高校の学校図書館の職務は事務職員が兼務で担っており、専任の学校司書配置はゼロである(にもかかわらず、文科省の平成28年度「学校図書館の現状に関する調査」結果では「学校司書配置学校の割合」が67.3%となっている)。また、県内の公立小中学校については125町で学校司書配置があるものの、ほとんどが複数校兼務であり、なおかつ全員が非正規職員である。未配置は下松市と田布施町のみである(2016年度)。

 このような現状を何とか変えていくため、当会では講演会の開催や県教委への要請活動、県内の学校図書館及び公立図書館見学等を続けている。今年2月には「学校図書館を学ぶ会」として県教委高校教育課指導主事を講師とした出前講座を開催した。なお、ここ数年は県議会本会議でも継続して学校図書館のことが取り上げられるようになっている。

 

【学校図書館法改正を受けてと思われる変化など】

 現在のところ、山口県内では「学図法改正を受けてと思われる変化」がまったくないことが課題である。

 

図書館づくりと子どもの本の研究所(長崎市)

 

長崎県下の今年度のきわだった情報としては、次のとおりです。

長崎市立小中学校の司書配置状況が、09年度4名、10年度4名、11年度18名だったのが、今年度一挙に18名増となり、合計36名となりました。中学校が36校あるので、1中学校区ごとに1名ずつの配置ということだそうです。大躍進です。長崎市では今年度手づくり改修においても意欲的な研修会が計画されています。

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 


 

お問合わせ

メールの方は、お問合わせのページからメッセージで送信してください。