学校図書館関連イベント情報

「公開講座 学校図書館を学ぶ」(児童文化講座)報告

 

主 催:大阪府子ども文庫連絡会 

共 催:大阪市立中央図書館   後 援:大阪府教育委員会

日 時:20201013日(火)10:0015:00(開場9:30〜)

会 場:大阪市立中央図書館 5F大会議室       

 

■第1部 講演会   10001200 定員80

  講師 片岡則夫氏 (清教学園中・高等学校探究科教諭)

     「探究学習と学校図書館~子どもの個性の多様性を生かす~」

■第2部 情報交流会 13001500 定員80

     学校図書館、探求学習などについて情報交流

 

清教学園学校図書館リブラリアは中高生1600名(中学12クラス・高校30クラス)が利用する。蔵書は約67000冊。先輩のレポート約2500冊も貸出しをしている。清教学園では中学1年~3年までの総合学習に色々な探究学習を入れている。

「ブックハンティング」は中学1年に1時間行い、分類番号09の棚から自分が面白いなと思う本を1冊ずつ持ってきて、著者名・タイトル・分類番号を記録して元の棚に戻す。次に、同じ手順を4人グループ、40冊で行う。本の分類と並び方が理解でき、学校司書の仕事がわかる。学校図書館のユーザーに育ってもらう。

「ミニ調べる学習」は、中学校1年が約5時間かける画用紙1枚で行う初めての探究学習で探究学習の大事なことが詰まっている。企画書を書く。百科事典を使って定義を考える。ピースと呼ばれる学習のカケラ、素材を組み合わせてカードに書く。自分のアバターを作り、レポートの中で語らせるなど、アカデミックライティングの基礎がこの演習の先にある。自分の知りたいことを調べてまとめるのは楽しい・・が最大の目標である。

「卒業論文」は中学校3年で約30時間かける。テーマで一番大事なのは興味を持つということ。フィールドワークを行い、最終的にまとめて年度末に発表会を行う。

カリキュラムに組み込まれた、3年間積み重ねていく探究学習について、豊富な実践資料とともに学ぶことができたとても貴重な講演だった。

 

                     

 第19回子どもに豊かな育ちと読書のよろこびを

                        学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい   報告

  

主催:学校図書館・公共図書館の充実を求めるつどい実行委員会

日時:2020年1月13日(月・祝)11時~

会場:全国教育文化会館 エデュカス東京

   

講演:「図書館民営化の何が問題か~サービス・経費・職員体制をデーターより検証する」   田井郁久雄 氏 (元広島女学院大学准教授)

 

日本図書館協会の最新の調査では、全国の公立図書館の16.8%が指定管理、職員数では32.8%を占めている。田井氏は全国各地の公立図書館の貸出数・資料費などの推移を『日本の図書館』を基にグラフ化し検証している。その画像を示しながら、「民営化」で本当に“サービスの向上、経費の削減”になっているか、指定管理導入前と導入後の変化など、全てデータに基づいて話された。

 

「サービスは向上しているか」……民営化で開館時間・開館日は増えている。特に新築・改築オープンの場合は、マスコミの報道もあり一時的に利用が伸びているが、数年たたないうちに低落するところが多い。マスコミが取り上げるのは開館当初だけで、その後の状況はほとんど報道されない。だから一般読者は「民営化するとすごい」という印象を持ったままである。最近は集客が重視され来館者数が話題になるが、図書館資料の利用増とは異なる。またサービス実績は後退しているのに、指定管理期間更新時に委託料が増額しているケースもある。民営化後5年以上の貸出数の推移や図書館費をきちんと検証すべきである。ほとんどの場合、指定管理導入による経費の大幅削減は実現されていない。また地域・郷土資料、目につきにくい資料の収集・整理・提供ができていない。

 

✱「なぜ指定管理の図書館で利用が伸びないのか」……継続的・長期的なサービスができないという構造的な弱点。指定管理の職員体制(大半が雇用期間限定の非正規職員)。

 

✱マスコミ報道の影響は大きい。直営で活気があり貸出を伸ばしている図書館をもっと取り上げて、マスコミや市民に知らせていくことが必要。

 

「第23回学校図書館のつどいー生きた学校図書館を目指して」報告

 

主催:日本子どもの本研究会/日時:2019112()

会場:オリンピック記念青少年総合センター

講演:全国SLA学校図書館スーパーバイザー 福田孝子氏 

20年後5割の職業が無くなると言われ、鉛筆や消しゴムと同じようにデジタル

教材を利用する学習が推進されていく中でも、やはり基本は〝読む力ではない

か。子どもの読書とは、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊か

にし価値観や概念、人生設計の基になるもの。噛み応えのある心に残る1冊に出

会わせてくれるのは学校図書館であり、学校司書の役割は重要。しかし、読書に

ついても格差は広がるばかり、中学までに読書の習慣をつけさせたい」と語られ

た。

 

報告1:中央大学附属中高等学校司書教諭 平野誠氏

「大半の生徒が推薦で進学し受験勉強をしなくて良いという強みを活かして、中

学校60冊、高校で100冊の必読書を課すことや卒業論文10,000字などの取組が

あるなど、課題解決型学習や探求活動を重視している。それを支える学校図書館

の蔵書数が16万冊、パソコンには情報の検察が多方面からできるようにデジタル

コンテンツが充実している」という驚くことばかりの内容であった。

 

報告2:杉並区立小学校 学校司書 土屋文代氏

ICT推進校で、56年生は一人1台のタブレット割当があり、自分のタブレット

使用し学習する。4年生は学年で40台、1年生から3年生は共有で35台、パソコ

ン室にも40台あり、ICT支援員が常駐しサポートする体制がある。情報年間計画

があり学年ごとにスキルを積み上げていく。学校図書館でも、情報モラルや利用

指導、調べ学習の情報の集め方などを説明している子どもたちは、タブレット

を使いこなし意欲的に集中力を持って学習しているが、反面、人の話を聞くのが

苦手、読む力が不足している子もいる。やはり基本的な読む力や聞く力を育てる

のは本で、体験が少ない子には図書館が体験を補うことも必要だ」とのことだっ

た。

 

最後にグループワークが行われたが、学校図書館にパソコンがなくシステムも導入されていないところもあり、地域間格差が浮き彫りになった。

 

 親地連50周年記念第22回全国交流集会 報告 

 

親子読書地域文庫全国連絡会主催の第22回全国交流集会が105日・6日に国

オリンピック記念青少年総合センターで開催された。6日の第4分科会では

「図書館への指定管理者制度導入―私たちの今」と題して、豊田市の図書館

を考える市民の会の杉本はるみ氏が、指定管理者制度を導入して今年3年目を

迎える豊田市中央図書館の現状を報告された。「市長の突然の指定管理者制

度導入の発表により会を発足させ、再検討を求める要望書と署名を提出する

が、導入が実施される。導入後の評価方法や評価基準の透明性、客観性を求

めて陳情書を提出。今後も図書館の役割を学び合い、多くの市民とどう共感

し合うかを検討していく」と述べられた。

次に豊田市学校図書館司書の竹内純子氏が、市内小・中・特別支援学校104

36名の学校司書が複数校兼務で配置がされている現状を報告。

会場からは、公共図書館の指定管理者制度導入が学校図書館にも波及し、管

理を請け負った民間会社が学校図書館の運営も行うという各地の状況が報告

された。参加者からも「公共図書館の指定管理者制度導入と学校図書館の関

係に危機感を覚えた」と  いう意見が多数出た。

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 


 

お問合わせ

メールの方は、お問合わせのページからメッセージで送信してください。