旭川の学校図書館を考える会

 

学校図書館補助員(1日4時間、週5日、夏冬休みは1/2程度)配置が今年6月1日(今年度は小・中各2校増)で51校(市内小中学校84校)になりました。司書資格は問われず、1年更新で研修機会が少ない等課題は多いのですが、それでも確実に全校配置へ向け、前進しています。授業での活用、資料提供も徐々に増えています。今月1か月、公共図書館で「学校図書館の会」パネル展示をしています。

 ・地方交付税による新たな学校司書配置予算の獲得状況など

図書標準の100%達成をすべく、全校へ前年度と同額程度の図書費を確保していると回答(市教委)がありましたが、100%達成した学校の図書費はかなり減額され、本の新規購入、学校司書配置予算の具体的額はまだ把握できていません。

 

北海道子どもの本連絡会(2018

https://hkodomonohon.wixsite.com/renraku

 

  札幌市は、学校図書館司書配置事業について、30年度は学校図書館司書を40人程度確保し、市内中学校80校に配置する予定。中学校での学校図書館の利活用の充実を図るもの。31年度の中学校全校配置に向け、効果の検証を行うなど準備を進めていく。(学校司書採用の募集あり)

学校図書館を考える会 みやぎ(2019)    

A町では小・中学校9校に配置する学校司書(司書資格・非常勤職員)を毎年1名ずつ増員しており、

 

今年度は8名分の予算が付いたものの応募が定員に満たず、6月現在も2名欠員となって

いる。

 

B市では小・中学校11校に4名配置していた学校図書館支援員(司書教諭、司書、司書補、いずれかの資格・非常勤職員)を今年度から2名削減。理由は財政難らしい。

 

石川・学校図書館を考える会(2019

  

 今年度も5月に各教育委員会へ学校図書館職員アンケートをお願いした。その結果と各地域からの情報をHPに掲載している。https://ishikawa-gtk.jimdo.com/

B4サイズ1枚にまとめた<県内学校図書館職員状況2019>は629日の石川県少子化対策監室との共催研修会(講師は藤田利江氏)で配布する予定。

 

 昨年度からの変化としては川北町では長らく待ち望んでいた司書1名の増員があり、全4校が専任配置となった。また、白山市では正規司書が1名増えている。加賀市と輪島市ではでは学校数が各1校減ったが司書数は変わらず、兼任状況が改善している。金沢市では学校数2校減により司書1名減となった。

 

県全体では、配置されている195(昨年と変わらず)のうち、正規司書は21(1名増)、有資格者は156名(3名増)だった。雇用形態は定まらず、中能登町では県内で初めて司書全員が契約社員となった。

 

 20204月からの会計年度任用職員制度導入に向けて、各自治体で条例制定などの準備が進んでいる模様で、注目していきたい。

 

富山県書館を考える会(2019

 Facebook https://www.facebook.com/富山県図書館を考える会-607853699369310/  

富山県内の1041村の小中学校267校(昨年度は270校)には、初めての配置から22年で総計172名(20195月現在/1校専任101名・兼務71名)の学校司書が採用されている。少子化による小規模校の統合が各地で進められているが、学校司書数を減らさない努力が各自治体で行われており、結果として1校専任配置が増えている傾向が見られる。 

そんな中、富山県図書館を考える会は、県内の子ども読書推進活動を行っている団体と共に「富山県子ども読書推進活動民間団体連絡協議会」を20189月に設立し、子どもの読書環境の充実に向けての提言を行う活動を拡充させていくこととなった。(現在16団体、総会員数502名)  

201811月には協議会から「県教育委員会に県学校図書館支援センターを設置すること」などを求める請願を提出し、全会派からの紹介議員を得て県議会で採択された。この採択を得て、現在15市町村の教育長との面談を実施し、学校司書の増員や勤務条件の改善、2020年に開催予定の学校図書館問題研究会・富山大会を公的研修に位置付けることを求める要請活動を行っている。県立学校の司書も、昨年16年ぶりに正規の実習助手の配置があり、今年度も正規1名増員での配置が実現した。

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 


 

お問合わせ

メールの方は、お問合わせのページからメッセージで送信してください。