旭川の学校図書館を考える会

 

学校図書館補助員(1日4時間、週5日、夏冬休みは1/2程度)配置が今年6月1日(今年度は小・中各2校増)で51校(市内小中学校84校)になりました。司書資格は問われず、1年更新で研修機会が少ない等課題は多いのですが、それでも確実に全校配置へ向け、前進しています。授業での活用、資料提供も徐々に増えています。今月1か月、公共図書館で「学校図書館の会」パネル展示をしています。

 ・地方交付税による新たな学校司書配置予算の獲得状況など

図書標準の100%達成をすべく、全校へ前年度と同額程度の図書費を確保していると回答(市教委)がありましたが、100%達成した学校の図書費はかなり減額され、本の新規購入、学校司書配置予算の具体的額はまだ把握できていません。

 

北海道子どもの本連絡会(2018

https://hkodomonohon.wixsite.com/renraku

 

  札幌市は、学校図書館司書配置事業について、30年度は学校図書館司書を40人程度確保し、市内中学校80校に配置する予定。中学校での学校図書館の利活用の充実を図るもの。31年度の中学校全校配置に向け、効果の検証を行うなど準備を進めていく。(学校司書採用の募集あり)

学校図書館を考える会 みやぎ(2017) 

 

 宮城県多賀城市では、市立図書館所属の嘱託職員が小・中学校図書館に派遣され図書館業務に携わっていたが、20163月に市立図書館がCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)を指定管理者とする委託運営に転換したことに伴い、同年4月から学校図書館でも司書がCCCから派遣される形に変わりました。(小学校ではそれまで勤務していた司書がCCCと契約してそのまま同じ学校で勤務。)

 県内では、委託職員が学校図書館に配置されるのは初めてのケース

 

 

石川・学校図書館を考える会(2017

 

 会では、今年も5月に各教育委員会へ学校図書館職員アンケートをお願いしました。その結果と、各地域の係の方から寄せられた学校図書館情報をまとめたものをHPに掲載しています。HPはまだまだ不十分で、更新もなかなかできませんが、今後少しずつでも改善していきたいと思っています。

 新年度の状況で良かったのは、中能登町に司書(有資格)1名が増員となったことで、これで全4校に専任配置となりました。一方で、七尾市は中学校2校減により、司書が2名減。小松市では司書が6名減(5月時点)でした。小松市では退職者の補充ができなかったとのことで、欠員を現在も募集中です。

県全体では、学校数は289校(3校減)学校司書数は190名(7名減)有資格者は145名(6名減)でした。正規職員は変わらずわずか20名です。また、県の少子化対策監室との共催で今年も71日に研修会を予定しています。

 雇用条件が悪く毎年退職者があり、そのうえ雇止めがあるところも多く、そうなると、せっかく経験を積み資格をとっても司書も市民も委員会も、もちろん子ども達も、皆ががっかりしてしまいます。様々な方法で非正規職員の雇用が延長されているところもあると思いますが、どのようにすれば可能なのかを知りたいです。

【学校図書館法改正を受けてと思われる変化など】

 文科省が5か年計画に司書配置を明記、増額したことなどから、学校司書とその必要性への認知は進んだと思う反面、官製ワーキングプアが定着してしまったようで苦しいです。 

 

富山県書館を考える会(2018

 Facebook https://www.facebook.com/富山県図書館を考える会-607853699369310/ 

  

 

富山県内の1041村の小中学校270校には、初めての配置から21年で総計174名(20185月現在/1校専任100名・兼務74名)の学校司書が採用されている。富山市では、2017年9月議会に富山県図書館を考える会が提出した「1校専任の学校司書を常勤で配置すること等を求めた請願」が全会一致で採択され、12年ぶりに学校司書1名の増員が決まった。86小中学校に、1校専任が22名、2校兼務が32名となった。3月議会前に富山市学校司書研究会(市教委公認)が『富山市学校司書研究会白書―学校司書20年のあゆみ』を刊行し、活動実践を明らかにしたのも大きな効果があった。また、国の「第5次学校図書館整備等5か年計画」で学校司書配置費が「2校に1名」から「1.5校に1名」に拡充されたことも影響していると思う。その他の14市町村にも適宜、会報配布、問い合わせ、面談、要望書提出などを行っているが、やはり「国が拡充するなら拡充する」という回答が多い。

県立学校の司書も、一昨年の3月に請願が採択されたことにより、16年ぶりで正規実習助手募集に「学校図書館を担当する者」が盛り込まれ、昨年11月に初めて公募による試験が行われた。県立高校43校に、正規7名、臨任22名、パート11名が勤務し、未配置3校となった。また特別支援学校12校への配置を要望したところ、今年度よりモデル的に2名を聴覚総合支援学校2校に配置し、他10校も巡回するという形がとられることになった。特別支援学校への司書配置は初めてのことだ。 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 


 

お問合わせ

メールの方は、お問合わせのページからメッセージで送信してください。