くにたちの学校図書館を考える会

 

昨年の全国連絡会での情報を受けて、7月に市内小中学校3校の学校図書館を見学し、管理職、および「図書員」と会い、実状・希望などをききました。8月に国立市教育委員会を訪問して教育長、次長、学校指導課長と懇談し、データベース化の進捗状況などを伺いました。今年度5月、教育委員会発行の「くにたちの教育」に、以下の記事が載りました。

「学校の図書室に図書システムが導入されました」小・中学校全11校

昨年度に学校の図書室の蔵書情報をデータ化し、電算での蔵書管理及び出納業務等のシステム整備を行いました。これにより、今年度から図書の貸出・返却がバーコード読み取りで迅速に行えるほか、図書の検索が容易になり、収集した資料や情報を活用することで、児童・生徒の調べ学習の支援や、教員が幅広く授業を展開できるなど、大きな効果が期待できます。                    学校指導課

 「図書室」ではなく「図書館」としてほしいところですが、学校指導課が「教員が幅広く授業を展開できる」という認識をもっていることは、学校図書館活用の方向を示しています。今後の課題は、市内小中学校全校と公共図書館とのネットワーク化、および「図書員」の待遇改善など。知りたい情報は、NDLの無償データベースの実用化について、現場で働く人が運動の主体となるにはどうしたらよいか、など。考える会のお知らせを届けるのにも苦労しています。

 ・地方交付税による新たな学校司書配置予算の獲得状況など

今年度は無し。5月、市議会文教委員会の皆さんに呼びかけ、関係部署への働きかけが始まっています。地方交付税措置については、「学校図書館整備のための予算充実に関する陳情」がよいのではないかと、話し合いました。

 世田谷の学校図書館を考える会(2018 

 

  1995年より区内小・中学校(現在90校)に学校図書館事務臨時職員が配置され、年間25日から60日、80日、100日と勤務日数は増えたものの、それ以後は全く進展なし。

 

 会としては、毎年のように「区立学校図書館の充実についての要望書」を教育委員会に提出。また「区立図書館整備のための予算化に関する陳情」を区議会に提出し、文教委員会で趣旨説明も行ってきましたが、2015年9月より5年かけて全校を学校図書館司書業務委託にすると突然に決定。平成27年9月から12校、平成28年度20校、平成29年度20校が業務委託となり、年間240日業務(直営の時は100)。受託業者は株式会社リブネット。 

 平成30年度は18校が委託され、区立校全体数90校(小学校61校、中学校29校)のうち、小学校50校、中学校20校の70校が業務委託されました。また本年度より「学校図書館スーパーバイザー派遣」と計画されていますが、その具体的なあり方は不明。学校図書館の業務委託は4年目になり、学校と業者との連携が円滑に行われないなど問題が多々あるようですが、その評価の情報を得にくいのが現状です。

 

 世田谷区「第2次世田谷区立図書館ビジョン第2期行動計画(平成30年度~33年度)」によると、公立図書館5館(全16館)に民間活力活用による運営体制の導入と明記されています。 

 学校図書館の受託業者と公立図書館の指定管理者が異なるため、学校図書館と公立図書館の連携はさらに難しくなると懸念されます。区は「住民の参加と協働」を強調していますので、より一層の市民運動が求められます。

  

 

学校図書館を考える会 ねりま(2018 

 会の活動ブログ(schoollibrary-nerima,cocolog-nifty.com/) 

 

 29年度16時間 年間100日ではあるが小中学校の学校図書館に学校図書館支援員、学校図書館管理員が全校配置された。29年度で2つの図書館の指定管理期間満了に伴う学校支援モデル事業が終了。この2館が担当する小中学校19校への学校図書館支援員の派遣がなくなり、この19校を含む46校に教育指導課業務委託の学校図書館管理員がおかれることになった。(残り53校には学校図書館支援員)ところが313日に競争入札で業者が決まったが、4月末の配置は18校のみ。 1遅くとも5月中に46校に配置を、2受託会社が配置できないときは教育委員会自ら採用・補充を、3今後このようなことが起きないよう直接雇用で配置を の要望書を提出、6月上旬に全校配置された。

 

 

専任司書がいる学校図書館を実現する会in杉並

 

 

 

学校図書館を考える会・西東京(2011)

 

20005月に発足した会です。市の合併を前に、学校図書館の充実を図ってほしいと願う市民が集まり、市長、教育委員会に毎年、要望書を提出しています。要望の内容は主に、学校図書館専門員(司書)を1校1人専任で配置してほしいということです。合併以来、2校に1人の専門員体制が変わっていません。発足して10年以上たってもなかなか状況はよくなりませんが、毎年行っている学習会等や公民館まつりへの参加で、行政側にも市民にも学校図書館の大切さを少しずつ理解してもらっていると感じています。


 狛江の学校図書館を考える会(2018)

 

 

 狛江市は市域も小さく、小中学校合わせて10校のみである。学校司書の配置開始は1998(平成10)、全校配置が2000(平成12)と他地区より早いスタートであり、今年で20年目の節目を迎える。また学校司書の離職(特に小学校司書)が少ない状況が続いていた。結果、この20年間の社会の動き、労働市場の動き、また近年の学校図書館及び学校司書を巡る動きに対応できていない面が目立ち始めている。

 

  また、現在勤務中の学校司書が一気に退職を迎える時期が差し迫っている。以上を鑑み

 

・学校司書の勤務時間・待遇の改善・学校司書に対する実務研修・システム研修の実施

 

・学校司書の定期的異動など、現状をより良い方向へ舵を切り直す時期に来ている事を痛感している。

 

  教育の機会均等を実現するため、今まで培ってきた学校教育に寄与する学校図書館構築を盤石なものとするため、教育委員会内に学校図書館及び学校司書を専門的に担当する部署を設置し、上記の諸問題に取り組んで頂きたいと切望している。

 

<学校図書館法改正を受けてと思われる変化など>

 平成27年度より 勤務時間が1時間延長された。 

多摩市学校図書館を育てる会(2018)

 

 全校配置から15年。3月末で辞めた人があり、4月から新しい学校司書が数名入ったようです。研修は以前より少なくなり、司書教諭との合同研修を含め3回位です。研修時には市立図書館の子ども読書支援担当職員も同席して直接情報交換ができるので双方にプラスになっています。7月に市立図書館のコンピュータ・システム入れ替えがあり、それと連動している学校図書館も替わるので説明研修がありました。学校図書館にようやく冷房が入り、読書環境は良くなりました。でも一番の願いは“資料費の増額”で、毎年要望していますが、全国平均を大きく下回ったまま一向に改善されません。

 

府中・学校図書館を考える会(2011)

 

 

 

町田の学校図書館を考える会(2017)

 

 

八王子の学校図書館を育てる会(2018 

 

 

 八王子市は平成28年度に市内108の小中学校へ学校司書が配置。学校図書館サポートセンターからの派遣という形で、一人が4校を担当しています。27名の学校司書がいます。週一日なのでできることには限りがありますが、指導課として「学校図書館の活用」を呼びかけ少しずつですが中学校でもいろいろな形で関りが持てるようになっています。(授業は中一のオリエンテーション程度ですが、資料提供、委員会活動への支援、朝読書タイムでのブックトークなど、徐々に学校内で存在が認められてきました)

 

 平成29年度は八王子市市制100周年ということで「調べる学習コンクール」に参加、学校での調べる学習推進に力を入れ始めました。

 

(学校図書館サポートセンター情報は以下のHPで)         

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/kyoiku/003/004/006/p004742.html

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 

 

 

私たちは、すべての学校図書館が整備され、充実し、豊かになることを願って活動しています。全国には、いまだにカギのかかった図書室や茶色く変色した本でうまった図書室もあります。専任・専門・正規の学校司書が働く図書館はまだまだほんのわずかにすぎません。

 

各地で活動する人たちが、あせらずゆっくり、お互いの運動の成果や課題を共有し、運動の輪を広げていかれることを願っています。

 


 

お問合わせ

メールの方は、お問合わせのページからメッセージで送信してください。